大きいデータ、劣化させたくない画像のやり取り方法

大きいデータのやり取りを行って仕事をしている私ですが、メールに容量の大きいファイルは添付することができないので、その受け渡し方法を解説しておきます。

オンラインストレージ(オンラインファイルストレージサービス)というものをご存知でしょうか?

おんらいん…すとれ…すと…  …え?

パソコンに慣れてない人には聞きなれない言葉です。

何年か前に話題に上がった言葉「クラウドサービス」そのひとつの使い方。
インターネット上のサーバにファイルなどのデータを保管してもらうことができるサービス。

それでのデータのやり取りを図解するとこんな感じです。

20160525

ファイルをダウンロードするアドレス(URL)発行してもらえるので、その アドレスをメールやメッセージなどで連絡すれば、直接データをメール内に添付せずともデータのやり取りができるわけです。アドレスが書かれたメール自体をそのサービスから直接送れる場合も有ります。

画像などもFacebookのメッセージやフリーメールに添付すると容量を軽くするために圧縮される場合があります。そうすると画像が劣化して、印刷には向かない状態になります。そんな時も、データの劣化がほぼなくやり取りできるオンラインストレージを使っています。

パソコンを使い慣れていない方も、このデータのやり取りは覚えておいて損はないと思います。

ただし、発行されたアドレスは有効期間が設定されるものが有ります。アドレスのご連絡を受け取ったらなるべく早めにダウンロードしてくださいね。

無料のオンラインストレージサービス、主なサイトさま紹介

【データのやり取り用アドレス発行に特化したサービスのあるサイトさま】

【データの保管場所として使う事メインのサイトさま】

Published by