似顔絵制作過程:リアルタッチ

1

今回はリアルタッチの制作過程をご紹介します。

この原画をベースに主線をadobeのイラストレーターでとっていきます。

2

バランスがリアルのままだとちょっとキャラクターとしてのインパクトが弱いのとちょっと似ていない感じになるので、下絵を観察しながら、手作業で線をずらしていきます。

3

顔の輪郭、目をよりキャラクターらしくしてみました。
そこに、髪の毛の光やヘッドフォンの金属、輪郭をあえて消してみたりします。

4

今回のこの似顔絵、どんなことを気にしたかというと、下記のような点でした。

henkou

余談ですが、これは私自身が自分を描いた物なので似顔絵ではなく、自画像だそうです。

Published by