カメラの設定をゆるく解説してみよう!シャッタースピード編

一眼カメラでオートしか使ったことのない人に贈る、おまいさんのゆるーーーーーーいザックリとした解説です。

おおまかなので、まちがった部分があったら、教えて下さいませ。

まずは、シャッタースピード編です。
これから、ひとつひとつ私が重要と思うところ、または、わかっているところをご紹介です。

カメラのシャッタースピードとは

シャッターが閉じるまでの時間で、像と光を調整するところです。

o0600014313143927109

一瞬。早いシャッタースピードだと、例えばスポーツ競技中を撮影する場合に効果的。 本当に一瞬がはっきり撮れる。ただし、光はその分ちょっとしか入らない。

設定の数字は、1/1000、1/2000…

1秒の2000分の1という数値になってきます。

o0600016213143927110

こちらは、カメラができたての昔の写真を想像していただけると、わかるかと思います。昔は動いたらぼけぼけになるということ、聞いたことありますよね?一時間止まってるとか。

それほどには長くないですが、一秒間の動き全ての像が入ります。なので残像ができブレます。こっちは、長時間開いているから光は多く取り入れることができますね。

設定の数字は、数字が1に近くなる1、1/15…

カメラによっては、分数の分母しか書いてないかもしれません。

三脚があれば、遅いシャッタースピードとピントを大きくすれば、大まかに言えば、夜の撮影もフラッシュなしで撮れるようになります。ま、カメラの感度ISOもかかわってきますが。

花火の残像、星の残像は、三脚を利用して、シャッターを一定時間開放します。 そのことで、その間の光の筋が記録されるのです。

Published by